権利擁護講演会「障害のある人の権利擁護について考える」

障害のある人が地域で暮らす場合に、障害者差別、障害者虐待、親亡き後、8050問題、65歳問題、成年後見制度の課題など、いろいろな課題に直面します。権利擁護の視点からどのように考えればいいのかをお話しします。

事前にお申込み下さい。(参加費は無料です)
参加申込は、<加申込フォームへのリンク>から。

この講演会は、小牧市、岩倉市、大口町、扶桑町の委託を受けて、この地域在住・在勤の方、この地域にお住まいの方の支援者のみなさまを対象として開催するものですが、他地域の方も、参加後のアンケート等にご協力いただき今後の研修内容の充実に応援していただくということで、お申し込みください。

なお、オンラインでの録画視聴も可能です。事前にお申込みください。お申込の方にURLをお知らせします。

リアルタイム配信もスキルアップのために予定しております。リアルタイムでは質問を承ることができますので、ご参加ください。

【日 時】  2021年6月20日(日) 13:30~16:00(入場 13:00~)

【会 場】  扶桑文化会館ホール(愛知県丹羽郡扶桑町高雄福塚200)

【プログラム】

第1部 講演「障害のある人の地域生活にかかわる課題」
弁護士 高森裕司氏(愛知県弁護士会)

第2部 対談と質疑応答「地域で暮らす」
高森裕司弁護士と鈴木康仁相談支援専門員

【定 員】 300名(先着順) 収容人員746人

【申込み】 参加無料です。事前に申込みが必要です。

次の参加申込フォームからお申込みください。
参加申込フォームへのリンク

申込締切 6月15日(金)

手話通訳・UDトーク(字幕)あり

※新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

チラシ